TOP > Gallery > 世界の旅 > アジア・オセアニア > シンガポール紀行(5)

'03 シンガポール紀行 5

− クルージング −

 今回は主に海から見たシンガポールを紹介します。

遊覧船にてシンガポールを海から見てみよう。

遊覧船乗り場はマーライオンのある-----公園に隣接した @@@@・キーである。
背後には日立タワーが聳えている。




遊覧船の艫の向こうにはシティセンターのビル群が見える。

流石に華僑の街シンガポールだ。遊覧船は中国船仕立てである。

出発は10:30分。


乗客はご覧のとおり。
観光客は流石に白人が目立つ。

港には小さな船がたくさん停泊又は航行している。

いよいよ出航である。マーライオンともしばしのお別れ。










この次期天気は今ひとつなれどもやはり海の空気を一杯に吸うのは気持ちがいい。

しかし、外は暑い。船室はクーラーが目一杯効かしてある。

湾内はこんな感じのボートがひっきりなしに行き交う。

大分湾内の外に出てきたところ。



セントーサ島方面に見えるコンテナヤードの群れ。

資源の無いシンガポールは貿易立国にて繁栄。

KUSU-A TORTOISE ISLAND

遊覧船はここまで。ここで一休みして又港へ引き返す。

KUSUとは亀のことのようだ。












クス島よりシンガポール市街を望む。



島にはご覧のような木と中国風寺院があり、行楽地になっている。住んでる人は居ないようだ。

砂浜はあくまで南国の雰囲気を漂わせ、沖行く船が海峡であることを認識させる。


TOP > Gallery > 世界の旅 > アジア・オセアニア 

 

























SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO