TOP > Gallery > 世界の旅 > アジア・オセアニア > シンガポール紀行(1)

'03 シンガポール紀行 1

− ラッフルズ・カントリー・クラブ −

  2003年2月18日から22日までシンガポールを訪問。
さすが赤道の近く、真冬の季節なのに気温は30℃を越える。建物の中は冷房が効いてて快適であるが戸外は蒸し暑くていささか辟易した。
 今回、この訪問記を時系列に関係無く、徒然に綴ってみよう。

大きな地図で見る

先ずここでもゴルフ場からご紹介しましょう。

ダウンタウンから西へ車で30分弱、マレーシアとの間、ジョホール海峡の直前にあるラッフルズカントリークラブへ行く。

 ジョホール海峡直前の道路標識で 「タンクに3/4以上ガソリンが入ってないとここを通さない」があるのにはびっくりした。
 マレーシアは物価が安く、ガソリンも安いため、国民がマレーシアにガソリンを入れに行くのを阻止するためだとか。




早速コースに向かう。

今日廻るのはレイクコース。先々週のカウアイ島プリンスヴィルでもハードなレイクコースを廻ったばかりであるため予備知識は十分であった筈なのだが・・・・・・・・・・・・



なんとなんと レイクだらけ!

極論すると殆どフェアウエイが無いみたいなコースである。

あるホールではグリーンの奥は即、池などなど。

このホールの池の向うに見えるかまぼこ形の建物はマレーシアのイミグレーションである。

しかし、池の中にはご覧のような蓮池もあり、この時期でも綺麗な花を付けている。



椰子の木と睡蓮という面白い組み合わせは日本では当然、お目にかかれない。






しかし、池のほとりには綺麗な椰子の木。絵になる風景である

天気はご覧の通りであったが先ずは楽しいひとときを過ごすことが出来た。


さてゴルフのあとはシンガポール駐在の友人の行きつけのラーメン屋で一杯!
現地の女の子も日本食通?

これがチャーシュー麺。

今回、ご一緒していただいた仲間の皆さん。


TOP > Gallery > 世界の旅 > アジア・オセアニア














SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO