TOP > 世界の旅/ヨーロッパ > '07スイス > ベルナーオーバーランド

グリュッチアルプからミューレンへ 

(その1)


 グリュッチアルプからミューレンまでの鉄道路線に平行して、少し高い見晴らしの良い道を歩く簡単なハイキングコース。

 途中、何度か林道に入りますが、アイガー、メンヒ、ユングフラウなどアルプスの絶景がつねに楽しめます。春先から晩秋までの長い間歩けるのも人気のひとつ。タンポポやキンポウゲなど黄色のかわいい花々が一面に咲く春から初夏にかけては、とくにおすすめ。

 まずは、グリュッチアルプ駅から標識に従って、線路沿いの道をスタート。平坦な道から木立の中へ進みます。そこを抜けると、再び、開けた道へ。しばらくして、小さな沢の上にかかる橋を渡ります。ちょうど、シュタウプバッハの滝の源流にあたるところです。その後、林道に入り、10分ほど歩いたら、また3名山が真正面に見えてきます。

 やや上りの道を5分ほど歩いたあたりに、小さなチーズ工場があります。ここでは、特産チーズ「シュタウプバッハ・アルプケーゼ」のほか、フレッシュミルクやヨーグルトなどを買うことができます。

 その奥のヴィンターレック駅の上には山小屋レストランがあるので、ひと休みしながら、美味しい郷土料理とアルプスの眺望を楽しんでみてはいかがでしょう。

ヴィンターレック駅を左手に通過した後、起伏のあまりない道をさらに約30分行くと、ミューレンに到着です。 
(スイス政府観光局ホームページより引用)



 6月23日、ラウターブルンネンからケーブルカーでグリッチアルプにのぼりそこからミューレンまでハイキング。

ケーブルカーにはワンちゃんもおとなしく・・・・・

車窓にはユングフラウが見える。

グリッチアルプ駅構内



 電車は1両で後ろに荷物車を引っ張ってゆく。


 このルートはかなりの部分、この鉄路と並行しており、登山電車とユングフラウなどのツーショットを見ることが出来る。

向かいにメンリッヘンの山並みとその麓にヴェンゲンの村が一望できる。



 トレイルには牛や山羊などの牧畜の遮断用にこのような柵がところどころに設置されている。

    トレイルの両側にはいろんな種類の高山植物が今を盛りと咲き誇っている。


TOP > 世界の旅/ヨーロッ > '07スイス > ベルナーオーバーランド