TOP > Gallery > 観光地の風景 > 層雲峡 その1

層雲峡 その1 (Oct. 01-02, '03)
ー 紅葉 眺望 ー

大きな地図で見る

日本で一番早く紅葉が見られる大雪山国立公園の表玄関層雲峡温泉に出かけた。その背後には標高1,984mの黒岳がそびえ、ロープウェイとリフトを乗り継げば7合目まで行ける。そこからおよそ一時間で山頂にいける。今回は7合目まで登り、今が盛りの紅葉を楽しんだ。

紅葉は2-3日で標高差で100m山を降りると云われている。大雪山系では層雲峡に達するのが10月初旬ということでまさにジャスト・イン・タイム で見ることが出来た。

"モミジの種類の多い本州に対し、北海道では赤く紅葉する樹木が少なく、黄色優勢になりがち。ここ層雲峡でも黄色が大半をしめ、所々にナナカマドや楓の赤がアクセントをつけている。

 

温泉の入り口。石狩川を挟んで背後には柱状節理の崖がそびえる。


コスモスも面白いコントラストを醸し出す。

 石狩川

 

層雲峡ロープウェイ駅。黒岳五合目まで運んでくれる。

ロープウェイから見た絶景。

 

徐々に高度を上げて・・・・・・・・・

益々高度を上げて行くと あたり一面黄色の絨毯

 

遠く蝦夷富士も望まれる。

更にリフトに乗り継いで7合目まで登るとご覧の連山が・・・・・


TOP > Gallery > 観光地の風景 

























SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO